「コンテナに大漁旗を描こうプロジェクト」

NGO団体によって2012年5月に企画された。

プロジェクトは約10カ月間行なわれ、石巻市牡鹿半島を中心に37基のコンテナにD-bonsの作品が並んでいる。

作品の土台となっているコンテナは、東日本大震災によって、流された漁師の倉庫や納屋の代わりに使われている。

絵の特徴は、漁師の魂の入った大漁旗をD-bons流にデザインしたこと。

コンテナの所有者に思い出や好きな物、描いてほしいものなどの要望を取り入れている。

 

絵のデザイン、アウトライン、細部をD-bonsが担当し、数多くのボランティアが色塗りを担当した。

1/2